今日本人に必要なメッセージが盛りだくさんでした。美内すずえ作)アマテラス2

アマテラスは、実はアマテルだったという話もありますが・・・2009年8月30日初版の本を今このタイミングで読むべき本だと感じました。主人公沙耶が、地球人である私たちの魂の祖先からのメッセージを受け取った場面から、心に残った言葉をピックアップします。

神について

・「神」とはいったいなんなのか?
  神は宇宙の「気」を集め、すべてのものを物質化をはかられます。また、破壊もありえます。
  とくに「名前」というものはなく、われわれは「思い」を直接うけとるので、その指導のもとに従っているのです。言葉では、説明できないお方なのです。

・光透波=ことば ・意乗る=いのる ・霊止=ひと 
 → 霊止(ひと)は 光透波(ことば)を使うものなり

超能力と神力について

・超能力(ちょうのうりょく)は、物を動かす。魔神(はたれ)がよく使う。
・神力(しんりき)は、魂の感動とともに心を動かす。
 神力(しんりき)とは、すべての人の心を愛で満たすことができる

・竜の腹=日本列島=中の背骨

円形について

・ピラミットやピラミッド形の山というのは、ほんらい球状だった。いまあるかたちは、地球の波動が変化したため。
・なぜ、円形が大切なのか?
 そこに約束事があり、パワーが生まれる。4次元、5次元、6次元といった空間物質を引き寄せる。

音について

・「音」は、波動です。
  物には、すべて波動があり、それらは生命の証であり「光」でもあります。

・ 波動とは「光」のバイブレーション=「音の光」であり、生命波動と覚えておいてください。

石について

・「石」の波動は、石の個性、断面によっても、振動数が違ってきます。
・波動の組み合わせで、空間移動が可能になります。

・「石」の波動はとても大切!
 「石」のオーラに早く気づいて下さい
 「石」は「光」を持っています。山の神が下りる存在もそういうことです。
  石の配置、非常に大事です。
・周波数の異なる「石」の並べ方によって、波動の産み出すエネルギーの変化があり、それによって物質の転換、促進生命体の変化が可能になります。そればかりでなく、地上の「気」の流れを変化させることもあり、生命体にとって非常に重要なものとなります。

水について

・「石」と「水」は、同じもので変化したものではありません。
 「水」の波動が非常に安定したものであるのに対し、「石」の波動は様々変化します。
・健康のために水を飲むのがよいというのは、一定の安定した波動を取り込むからです。
・なぜ「水」が大切なのかというと「水」は「音」の源から発しているからです。「音」が変化したもっとも原始的な姿というイメージです。
・「音」は「光」であり「水」でもあるのです。これらは、1本のらせんでつながっています。たえず振動しあい共鳴しあって、生命に影響を与えています。

神の波動について

「音」「光」「水」= 宇宙の生命の基本 = 神の波動  
 このバランスが崩れると生命系は狂います!(恐竜時代など)

日本の役割、使命について

・日本には大きな使命があり「竜の背骨」というのは嘘ではありません。
 日(ひ)の本(もと)は、霊の元で日本には、数多くの宇宙神界ともつながる視界があり地球自体の霊的エネルギーを調整しています。世界各地の生命エネルギー(超意識)が正常に働きだすと、地球の次元上昇が可能になる。そのために日本の果たす役割は大きい、成功できるかどうかは、あなた方にかかっています。

メッセージ

「いつも私たちが見守っているいることを忘れないで下さい」魂の祖先より