宇宙キッチンを体験してきました

ソーラークッキングは、奥深い宇宙キッチンでした

いつかやってみたいと思っていたソーラークッキングを体験してきました!簡単に太陽熱で料理をするのねー、と思っていたのですが、とてもとても奥が深いものでした。ただ日に当てればよいというわけではないのですよ。教えていただいた狩野光子先生もいろいろと研究されている方のようで、説明がとてもしっかりとしていました。そして、先生は、ソーラークッキングでわなく宇宙キッチンと言っていました。

太陽をつかむ!

この太陽をつかむことがとても大切だということがわかりました。太陽をしっかりつかんでいないと宇宙キッチンがはじまらないわけです。さらに食材に効率よく宇宙のエネルギーを取り込むために、180度まで耐えられるサランラップ、黒いアルミホイル、熱で溶けない素材のビニールなどなどいくつかのポイントがありました。

太陽を活用することは、省エネ(エコ)ということです

500wのレンジを1分間、100万人が使わなければ、原発1基いらなくなる。LINEを使ってる人が7500万人って考えると、不可能ではないと思える🎵

原発を止めることは難しいけれど、太陽エネルギーを使うことで、原発が必要なくなるということを、狩野先生がデータを示しながら教えてくれました。単純に考えてそうなのですが、大切なのは、たくさんの人が太陽エネルギーを使うことだと言っていました。たくさんの人がソーラークッキングを知って使ってゆくことで省エネ=原発は必要ないね、となるのですね。この自然な流れがとてもよい感じですね。

素敵な空間と素敵なランチ

今回このイベントに参加するために、神奈川県逗子もあり「ののか」まで行ってきました。イベントを企画してくれたスタッフさん5人くらいと参加者10名でしたが、すべてが居心地よくて、あっという間のひと時でした。いつかお話してみたいと思っていた難病克服ガールズさんにも会えて、盛りだくさんの楽しい一日となりました。ご縁に感謝です。