低体温とデトックスの関係

足湯デトックスとフットケア

足湯デトックスは、5分くらいすると、お湯の色が変わりはじめます。その後30分かけてお湯の色が、濃ゆく変わってゆきます。(その様子はこちら)ところが、時々、まったくお湯の色が変わらない方がいらっしゃいます。

なぜデトックスに時間がかかったのか

先日、健康な40代の女性が、15分経ってもまったくお湯の色の変化がありませんでした。まずは、器械が故障していないかを確認します。その後、再スタート・・・条件は変わらないけれど、再スタートしてしばらくしてから、お湯の色が変わり始めました。まずは一安心・・・そして、なぜデトックスに時間がかかったのか、いくつか質問をしてみました。

身体の中が冷えていました

いろいろと話をきいてゆくと「暑がりなのに、体温が低いんですよ」とのこと。外見的には、元気そうですが、基礎体温が低いために、デトックスに時間がかかっていたことがわかりました。人間は、汗をかくことで、身体は体温を下げようとします。この自然なサイクルを知らずに、自分でも体温を下げるような生活習慣を送っていると、体の表面(意識)は「暑い」けれど、体の中(無意識)は「冷え」てしまいます。

自分の体調を確認する方法のひとつ

元気に過ごしていても、体が冷えていることに気づかなければ、免疫力が下がり病気になってしまうこともあります。デトックスがスムーズにできるということは、循環がよく、体調がよいということでもあります。自分の体調をデトックスしながら確認することもできます。ただ足をお湯につけるだけの足湯デトックス自分の体調を確認する方法のひとつとして・・・なかなかありそうで、ないすぐれものだと思います。